包茎手術が必要になった場合、その方法について説明をしていきます。
今回は一般的に行われている方法を挙げていきましょう。
まず陰毛を剃ってから消毒をします。
それから形成の失敗のないように、包皮をむいて亀頭を出した状態で勃起した時の状態に予測して合わせて、手術後違和感がないよう余分な包皮切除部分を考えます。
こうすることで勃起した時だけではなく、通常時の場合も皮が被らなくなります。
その後痛みを感じないように麻酔をしてから先ほどチェックした切除する余分な包皮部分をきれいに切除します。
この時に止血処置を施しながら、上手く縫合をして行きます。
その後、大変薄い特殊な医療用の包帯を巻いて完了です。
この包帯は決して外見から目立つものではないので術後も気にして帰る必要はありません。
そのまま運転や仕事も可能です。
泌尿器科や美容外科などで日帰りで施術を受ける事が出来ますから、そんなに恐れるることはありません。
プライベートや仕事などには特に影響は出ないですが、激しいスポーツや性行為はしばらくの間避けましょう。
特に性行為は1か月はお休みするように心がけて下さい。

包茎を治すためには、いろいろな方法があります。
自力で行える手段もあるのですが、やはりそれで必ず直せることができるというものではありません。
ゴムを使って皮を縛って、剥きグセをつけるというような方法があるのですが、それで治ったという人はほんとうに少数です。
どうしても包茎を治したいと思っているのならば、そのような効果の薄い方法を選択するのではなくて、包茎手術を選ぶようにしましょう。
包茎手術ならば、誰でも絶対に包茎を治すことができます。
今では、傷跡が残るというようなことも殆どありません。
もし残ったとしても、それは目立たないもので、手術をしたということがバレるというのも殆ど無いのではないでしょうか。
値段も、最近はどんどんと安くなっています。
危険性もなく、誰しもが治すことができるこの手術を利用することによって包茎を治して、セックスライフを充実させるようにすれば、人生を楽しむこともできるのではないでしょうか。

« Previous posts Back to top